読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新旧美少女戦士

魔法つかいプリキュアが最終回を迎えた。

今作については観たり観なかったりといった視聴態度であり感想を述べる資格などそもそもないわけなのだが、最終回付近で成長したみらいとリコが割と時間をとって登場したり次回作のキャラが登場したりと、プリキュアも毎年全く同じ終わり方をするわけではないのだなあと、制作サイドの創意工夫に変に感心した次第であった。

あとキュアミラクルは本当に美人だったな。

 

セーラームーンが25周年を迎えいろいろなプロジェクトを展開しているようだが、まんまとその戦略に乗ってしまい、ここ数日、アニメをちょっとずつ観始めるようになった。

物心ついた頃がちょうどアニメがリアルタイムで放送されていた時期で、従姉妹の家でそのアニメを観たりスーファミのゲームで遊んでいた記憶が断片的に残っている。

そして当時から既に、美少女戦士たちがエナジーを吸い取られたりするときのあの艶めかしい声や表情に対しては「これはうまく言えないけど真正面から見てはいけないものである」という認識があったんだよね。

本当に罪作りなアニメでした。

あの頃の記憶をたぐり寄せると確かジュピターとヴィーナスに比較的強い好意を抱いていたような気がするんだけど、今の自分もまったく同じ嗜好なんだから人間って成長しても大して変わるもんじゃねえなって思うわ。

広告を非表示にする