和訳

Love In The First Degree

昨夜 夢を見たの牢屋に閉じ込められる夢目が覚めて思わずあなたの名前を叫んだそして裁判官と陪審員がみんなして私に罪を着せる言い分なんて聞いてくれない弁解の余地すらないんだから君なしでは自由になれない私 有罪になっちゃった女の子のいちばん重い罪…

Guilt Is A Useless Emotion

いつもと同じ日常のなかで好機が転がり込むのを待っている僕は気でも狂っているんだろうここではない場所と時間を探し回って真実の愛は金で買えない警戒して捕まえられもしない真実の愛は売ることもできない金とも違う色をしている(君の愛が欲しい)ひたす…

Lovefool

どうしよう 壁にぶつかってるもう私のこと好きじゃないよね多分どうしようもないよもう一度振り向かせるなんてママは思い悩むことなんてないんだから違う人とくっついちゃいなさいあなたにはもっといい人がいるからって言うけどでもそれは君なんだ!だから泣…

Fall On Me

ここで問題羽根 鉄ビルディングの取引 重りと滑車重りが放たれる前に羽根は地面に叩きつけられる空を買い 空を売り 空に言うんだどうか落ちてこないで(何のために空中にあるのか?)(それでも降ってくるよ)落ちてこないで(永遠に存在するのだとしたら)…

Sugarcane

何もかも目を通すものがそうじゃないってほとんど何も信じられないハードなんだよ 君の飛行機に 車に飛ばして君はスーパースター ああそうだサインを書いて 周りを笑わせてうまくやるんだろう 賢い君だから女の子たちは群がり 弁護士は君を処理したがってい…

It's A Sin

人生を振り返るたびに常に羞恥心に苛まれてきた責められるべきはいつも自分だったしたいと思うことのすべてはそれがいつどこで誰であってもある点において共通している…………それは罪深き行為であるということ今まで繰り返してきたこと今また積み重ねようとす…

Opportunities (Let’s Make Lots Of Money)

僕は頭がいい君はルックスがいいふたりで金を儲けよう君には腕力がある僕には知力があるひとつ稼ごうじゃないか馬鹿共と姑息な計画を立てたり時間を浪費するのはもうたくさんだ僕の車が外に停めてある動かないかもしれない修理できるパートナーを探している…

I Saw The Light

昨夜 夜も遅い頃何かが違うような気がした辺りには誰の気配もなくてただ君だけがいたそれから二人で歩いた何かがおかしい……強い気持ちが湧き上がった君のことを考えていた君に見つめられて答えがはっきりわかったのはその目に光が見えたからそれは二人のふざ…

Gimme Shelter

嵐が迫り来るまさにこの身が脅かされシェルターでもなければ吹き飛んで消えるだろう戦争は、子供たちよわずか一撃の向こうで始まっている炎が地を這うのが見えるだろう守るべき街の通りは今赤い石炭のカーペットのように燃え狂った雄牛は道を見失う戦争は、…

Being Boring

偶然目にしたのは誰かが隠した古い写真とティーンエイジャーのためのパーティーへの招待状「白を着用のこと」の一言に引用句を添えてそれは1920年代に輝いた作家の妻の言葉だった若さはあらゆる人物にインスピレーションを見出すそれが閉ざされた扉を開くよ…

Paper Cages

紙の檻から飛び出そう檻の中で暮らす僕ら君の部屋っておしゃれだよね構造からして好きだものキッチンに置いてある石鹸でちっちゃな鍵を作ったのかな罪に問われた虚構の鍵をかけるために想像の中の君は自由に輝いているこの投獄が語るべきストーリーだとした…

Lazy Boy

I'm a lazy boy時間には起き上がれないlazy boyな自分を楽しんでいる君のベッドで考えるのはlazy boyが君を愛する方法動きだそうかそれはない!I'm a lazy boyいつだってlazy boyI'm a lazy boyそう lazy boy夜も lazy boylazy boyは君が好きI'm a lazy boy…

Neighborhood # 1 (Tunnels)

もしも家の辺り一面が雪で埋もれて両親が泣いていたらこの窓から君へと続くトンネルを掘ろう君は煙突から顔を出して町の中心で僕と出会う周りには他の誰もなくふたりの髪は伸び放題僕らはあらゆる記憶を失う雪にまみれて生き延びれば皮膚も厚くなっていく僕…

Butterfly

君と踊っている僕をちょっとだけ想像してみる僕は絡みつくポールになって 君はシューズだけを身にまとって熱情的なダンスに思わず歌を作ってしまった君だけの魅力的なスタイルで色めき立つ秘訣を知っていて僕のスラックスは少しタイトになった君さえよければ…

Manic Monday

もう6時まだ私は夢の中でヴァレンティノとキスをしていた水晶みたいに青く輝くイタリアの岸辺だけど遅刻はできない遅れたらお金はもらえない 近頃はこんな毎日 願うだけでベッドの用意ができればいいのにこんな狂騒的な月曜日日曜日だったらいいのに私の大…

Here, There And Everywhere

よりよい人生を送るために愛する人にここにいてほしいこの場所で 毎日を積み重ねていく彼女が手を振れば人生は変わる誰も疑い得ない力がそこにはあるあの場所で 彼女の髪を手ですくいこれから起こる素敵な出来事にふたり思いをめぐらせる誰かが話しかけても …

Piano Man

土曜日の九時になるといつもの仲間が集まりだす隣の椅子には年老いた男ジントニックと愛を交わしている彼は言う「思い出の曲を弾いてくれないか うまくは言い表せないが 悲しくて素敵な曲なんだ はっきりと覚えている 若者の服を着こなしていたあの頃を」歌…

Always Ascending

はしごを置いて……心配するなこの辺りで重力がかかっているだけだからすべてはゆっくりと昇り 辛抱強く沈んでいる感じるな恐怖を感じるな巻雲が君を撫でる積雲が君にキスをする水晶の雨粒僕らさみしくなるねとささやこうだけど行こう 解き放とう常に上昇しつ…

Poupee De Cire, Poupee De Son

私はろう人形音の出る人形私の心は歌の中に刻み込まれてるのろう人形 音の出る人形 着せ替え人形と比べて私はいい? それとも悪い?人生を軽く見ているようでしょろう人形 音の出る人形私のレコードは鏡みんなが私をのぞき込む同じ時間にどこにでも現れる私…

Ruby Tuesday

どこから来たのか彼女は言おうとしなかった過ぎてしまえば昨日のことなんて関係ない太陽が輝くときか あるいは真っ暗闇の中を誰も知らないあいだに 彼女はやってきてそして去ってゆくどうしてそんなに自由になりたいかなんて聞かないであげてそうするしかな…

(Don't Fear) The Reaper

僕らの時代は確かに訪れただけど今となってはもう過去の話移りゆく季節は死神を恐れない風も太陽も雨も恐れない僕らだってそうなれるんだよさあこっちにおいで(死神を怖がらないで)僕の手をとって(死神を怖がらないで)きっと飛べるようになる(死神を怖…

Last Christmas

昨年のクリスマス 君にハートをあげたけれど次の日にはすぐに捨てられてしまった今年はもう涙を流さないように「特別な誰か」に贈ろうと思う一度咬まれたら二度目は用心するように距離をおきたい けれど君が僕の目を奪うねえ 僕の気持ちわかってる?まあ あ…

Alone Again (Naturally)

あと少しだけ待って 胸のつかえが少しもおりなかったら自分自身に誓ったんだ近くのタワーに行って頂上までよじのぼってこの身を投げてやろう心が打ち砕かれるとはどういうことか誰もがはっきりわかるように教会に置き去りにされて周りのみんなは口々に言った…

Sympathy for the Devil

自己紹介させていただきたい私は裕福で品のある者だ長い、長い年月の間この場所で多くの人間の魂と信仰を騙し取ってきたジーザス・クライストが疑いと痛みに苛まれた瞬間も私はそこにいた忌々しくも確かにピラトは足を洗い自らの運命を封じていたあなたに会…

The Times They Are A-Changin'

四方へと旅を続ける者たちよ 集まれ 水位が上がっていることを認めるんだ 君たちはすぐにずぶ濡れになるだろう 大切にすべき時間が残っているのなら 泳ぎ始めろ 石みたいに沈んでしまう とかく時代は変わりつつあるのだからペンで未来を予言する作家よ批評家…

Superheated

ときどき目が覚めると 空は灰色 君はここにいない 僕の隣にはいない 棚の上には 君が使っていた化粧品 そして他の誰かの写真 僕は砕け散る 始めから存在していないかのように 確かに僕らは愛しあっていた キスもしていた 僕が言うべき言葉を 君は聞いてくれ…

The Game

この何もない空間で 僕らは暮らしながら この声を届けるために どれだけ努力すればいいのだろう 僕らは屈しない あきらめもしない 子供たちを育てながら 僕らは戦っている晴れ渡った空 だけどそれは見えない それは僕らが呼吸している 空気の中にあって とて…

Unlearn This Hatred

そこにある憎しみなど忘れてしまえ まっさらな心でありつづけるんだ 過去をさかのぼることはやめよう でも 真新しいかのようなふりもやめよう さあ ふたりでつかみとらなきゃ 僕が君を覚えている場所で そんな憎しみはなかったことにしよう だって僕は君のフ…

Nothing But A Fool

昨夜の夢で彼女の顔を見た ひどく傷つく出来事だったよ ワインを飲んだとき 彼女が心に浮かんだ そして今 失ったものへの 痛みを受けているところだ 彼女は別の場所に行ってしまった 二度と戻ることはない 何が起きようとも時に君は自分が持っているものに気…

Academic

私の世界は君とともにあった かつてそんな時代もあった でもそれは若さゆえの過ちだった 避けられない運命だった けれど この毒混じりの一杯を口にする 君は真実を奇妙に歪めていた君のことを覚えている……心臓は冷たく 乾いた血の流れる君には 砕け散る波し…