Franz Ferdinand

Treason! Animals.

友よ君たちはいつ来るんだ 友よその声が聞きたい 何の話かはどうでもいい 友よただその声が聞きたい マニュアルを持ってきてくれないか 修理手引書だ ここでは何かがおかしい僕は百獣の王 木々と動物の王 その冠を自ら戴いた王 僕は王 だから冠をくれ 僕は獣…

Bullet

僕がいないときは ネズミに咥えさせればいいよ 僕がやるようにさ だけど君は説明しなきゃならない 僕の華奢な身体に抱いた怨念 そして復讐に燃えた瞳には 抑えきれない嫉妬の炎 抑えきれない僕の頭に君が撃った銃弾を絶対に抜きはしない どうして抜くことな…

Fresh Strawberries

わたしたちは新鮮ないちご フレッシュにはじける赤いいちご ボウルの中でさらに熟して すぐに傷んでしまいそう すぐに忘れられてしまって 昔のうわさでぼんやり思い出してもらえるかんたんかもね なにかしんじるものがあって わたしたちに今のお仕事よりも …

Stand On The Horizon

どうしたら僕が悪いと君に言えるだろう 史上最も高慢なこの僕が地平線に立って 君といっしょに踏み出したい だけど太陽がこうも低いと 地平線上のすべてのものは冷たいままだおいで 僕のところに来なよどうしたら僕が悪いと君に言えるだろう 史上最も残酷な…

Love Illumination

夢現の状態では 現実を把握するのも大変だろうか 彼岸の現実は此岸より克明に感じるだろうか 僕らは愛せる 僕らは君を愛せる 君が誰かに愛されたいと思っているなら 君は君が愛する誰かを探しているんだスウィート・ラヴ・イルミネーション 甘い愛の初体験 …

Right Action

帰っておいで ほとんど全部許していいから Right Thoughts Right Words Right Actionほぼすべてのものは 忘れてもらえる Right Thoughts Right Words Right Action君を置いてはいかないよ 土曜の夜も日曜の朝も おはよう今度も 昔みたいに 永遠に君を愛す Ri…

Evil Eye

次の車は何色? そうだよ赤だよバカ野郎 神様は信じちゃいないけどこのクソのことは信じてる 俺じゃない どこぞのバカのことだよ だから俺じゃないってあー俺に怯えるやつもいるね 俺が見えるって知ってるやつもいる 俺が見えるものが見たいやつもいる 俺を…

Katherine Kiss Me

キャサリン キスして 滑る小さな唇が僕を切り裂く その目が射抜かない場所で僕を切り裂いて そう僕は君が好きで それってつまり 君をもっと知りたいってこと ときどき僕は馬鹿みたいなことを言う それってつまり そういうことを考えてるってこと 君は考えた…

Can't Stop Feeling

また塩が染みてきた 感じずにはいられない もう止められない 楽しみが楽しみでなくなっていく 感じずにはいられない もう止められない 君が僕を独りにする 床に置きざりにする 君はもう何も感じないまた塩が染みてきた 感じずにはいられない もう止められな…

Lucid Dreams

捧げるのはあてなき愛 怒れる心そして欲望 明晰夢から目覚めたら生えていた翼 虚しさの理由もわかったよ 偉大な真実などあろうとなかろうと そんなものはまったくどうでもよかったんだ君の国の夢を見るよ 君が住む新しいユートピア 僕の国の夢を見るよ ルー…

Dream Again

声が聞こえても怖がらないで 降りかかる新鮮な空気を感じたとしても 時には希望のささやき声が重なりあって 君の不安を取り除いてくれる ともに生きる未来を見せてくれ 海が裂け 山がそよいでも 僕は夢を見続ける もう一度 夢に生きる絶望の淵まで下りても怖…

What She Came For

君にひとつ質問がある 君の名前はどこからきたの? 君は五分後どうなっている? そんなふうに僕らを笑って そんなふうに僕らを見つめて 皆をぎこちなくさせる 下品な冗談のように気をつけろ 彼女の狙いは君だ 質問も疑いもそんな余地はない 彼女はもう狙いを…

Live Alone

ひとりで生きていたい 偉大な愛は いつも言い争いで終わってしまうから 日常の口論 だからひとりで生きていたい ひとりでも幸せになれる残りの人生は ひどくぼんやりした気分で過ごすよ君がどこにいても 誰がそこにいても 僕はここにいるから 同じ場所にいた…

Send Him Away

嫉妬もできないみたい したほうがいいんだろうけど 多分 僕には必要ない 恋愛の酸い部分なんてものは彼の吐息が君の髪にかかってもいい 彼の肌がまだ暖かい君のシーツに包まれていても 追い出してくれ別に 君を僕のものにしたいなんて 声高に主張する必要も…

Twilight Omens

手の甲に君の名前を書き その手を枕に眠った 目覚めると顔には鏡文字 鏡にもう一度反転させて 僕の心に映しだしてみる人生における黄昏の前兆そして君の名前が聞こえる ラジオが歌うその名前 電話するべきだろうか 何て言えばいいだろう 君の気持ちはまだ変…

Bite Hard

君は知らない 僕がこんな歌を歌ってるなんて 君の歌だ 僕の偽名なんてきっと知らないだろう 君のためにいくらか幸せにはなれたかい 神々が死に絶えそうな今 夢を見ている? 全知のひげを生やしたヘストンの夢もっと幸せになるべきだ 祈りを捧げる者などいな…

No You Girls

キスして タバコを投げ捨てそしてキスして 僕と目が合わないところでキスして 君がキスしようとは思わない場所で会おう 瞳を投げかけそして僕を殴って 甘い瞳で殴ってほしい それってつまり そう僕は君が好きで 君のこともっと知りたいなってことだけど君は…

Turn It On

こんな恋は楽じゃない 全然連絡もくれないで こんな恋は楽じゃない どうして声を聞かせてくれないの? だけど僕は一途に許してしまう 一途にひたすら与えて 一途にひたすら許して いつだって君を許してしまう君が僕のスイッチを入れる わかっちゃいるけど僕…

Ulysses

座りこむとセンチメンタルな足音が聞こえる そして「やあ どう?」の声 それでどうした? 今度はどうした? さあ ハイになろう さあレックス 次はどうした? 25マイル歩くの? ああ 退屈だよ さあ ハイになろう新しい道を見つけたんだ いいさ 僕を笑わせなく…