New Order

All Day Long

これは無邪気な男の子の歌 救いようのない人生を送る男の手で殺された その子は自分が知っている人間を信頼していた その子は見上げた先にいる人間を信頼していた 喜びに満ちた彼の顔を僕は忘れもしない 彼は笑い 彼は泣き そして僕の居場所をめちゃくちゃに…

Waiting For The Sirens' Call

この船は何を運んでくるのだろう 遠く荒れ狂う海を越えて セイレーンの歌声を待っている こんな光景は見たこともない彼女は孤独に歌い続ける 波しぶきを切り裂きながら 次第に航路からは外れて 彼女は永遠に漂い続ける人は何かしらの愛を必要とする それでも…

Jetstream

(あともう一日だけ……)待っていてくれ 飛行機はもうすぐ着陸する ちょうどあのゲートで 君が待っていてくれるよう僕は祈る今度こそ 僕らの探し求めていたものかもしれない ふたりの人生が大きく目を覚まし 呼応するように僕は戻ってきた(荷物は置いてきて……

60 Miles An Hour

君に言ったか覚えてないけど 僕は聖域を探しているんだ それがどんなものは想像しようもないだろう 悪魔とお茶を共にしよう君のそばにいると リラックスできないんだよ リアビューに君が映ったとき 君は僕の行く道を止められもしたはずだった君が望むなら僕…

Here To Stay

後ろをついてくる この男は誰だろう 青い目をした少年は 何になりたいのだろう人類普遍の価値ある目的 ひとつのポーンが動いたあの時代地平線に広がるまばゆい光のように 鮮やかに輝きながら 彼は君を高めてゆく 遠くに連れ去って そして狂わせる その痛みを…

Krafty

夜明けに起きる人がいる 遅刻する前に出勤しなければ 車に乗っていつもの道を行く こんなふうにはなりたくなかっただけどこれが日給を稼ぐための方法 これが今を生きる僕たちの世界の仕組み ここは君がいたい場所じゃない これは君のやりたいことじゃないあ…

Spooky

たまには友達にいてほしいこともある 元通りにはできないだろうか 君の人生においては一瞬だけど 時に僕らはふたつに分かれるきっと時間はあるはずだ 心にあるものを捨て去るんだ できることはすべてやってきた 互いに感じる存在は……僕らはルールを破って生…

Crystal

僕らはクリスタルのように 簡単に砕けてしまう 君がいなくなれば 僕は惨めなものだ 拍手で迎えられ そして忘れ去られる 夏は過ぎ 今は秋なんて言えばいいのだろう それでも君は気にもかけず 僕が怒りに震えるのは 僕が裏切った少女のせいで 愛の訪れは 蜂蜜…

Ruined In A Day

聞いてくれ 僕が悪かったかもしれない だけど君は大事なものを見失っている 言及できたはずの過ちを君は犯したんだ 一日にして朽ち果てた君は翡翠色の恋人みたいなものだった 永遠に陰影を形作り輝いていた それでも今はこうするしかないんだ君を欺こうとす…

World

太陽に横顔を見せる 誰にも思考を悟られたくない それはジャングルみたいで 私は異常者で 話を聞いてほしい だけど絶対話しかけないでほしい時の流れから身を引いていく なぜなら崩壊は罪なのだから とっくに遅すぎたのかもしれない だけどこの憎しみへの情…

World In Motion

ピッチに立ちつくす者たち もう終わりだと思ってるようだが 今がまさにその時なんだ!自分を表現しろ スペースを作りだせ お前ならできるだろ チェイスを止めるな相手を打ち負かせ 抑え込むんだ あきらめるな 一対一の場面なんだ自分を表現しろ 一対一で 自…

Regret

名前や住所はおそらく忘れてしまった 昔は覚えていたはずの誰も思い出せない 後悔なんかしていない そんな日はまたいつか訪れるから 今日の学校は試験らしい 子供たちが駆け抜けていく自分のものと呼べる場所がほしい 電話で話をしよう 毎日新しい朝を迎えよ…

Run

答えて 答えてくれないか 最後に君が連絡をくれた日が思い出せない 君はこんなふうに意味もなく街を自分のものにしない だからこんなことになってしまったんだ 世界の頂点で君は君のやりかたで働き そして生活は真っ二つに割かれた必要のないものを手に入れ…

Fine Time

君はあまりにも幼すぎる 僕の人生の一部になるには 幼すぎる 僕の心を奪うには君はあまりにも幼すぎる 僕と遊び回るにはたくさん素敵な女の子と会ってきたけれど 全部の歯が残っている子は誰もいなかったよ だから君が好き だから……と言いたいけれど 君は幼…

Round And Round

君が僕にしてきたことを考えずにはいられない 君は愛の壁を築き上げ 僕の目の前で崩していった そしてこれからどうなるかわかっていると考え 僕が悪いと言い続ける そんなことはどうでもいいけど 僕の邪魔をするなら消えてもらおう君が見ているその絵は僕の…

Touched By The Hand Of God

君の顔が見えたとき 僕は海のそばに立っていた その顔を見つめることなどできなかった 君は知っていただろうが 僕にはまったくわからなかった ふたりの終わりなんてそして僕は孤独に伏している 君には癒せないあらゆる感情を背負って 呼吸にあわせて共に形作…

1963

それは1963年1月のこと ジョニーが贈り物を持って家にやってきた 彼は言った「君を愛しているから買ってきた」 「それに誕生日だったしね」 とても素敵で優しい人だった そう考えていた 私は彼を思っていたし彼も私を思っていた彼は私に目を閉じるよう言った…

Love Vigilantes

たった今 太陽の島から帰ってきた 真実の名のもとに 勝たねばならぬ戦争から たいそう勇敢な我が軍によって 君たちの自由は守られるのだ ライフル銃と手榴弾と いくらかの神の助けによって家族に会いたい 私の帰りを待つ妻と子供のもとへ もうすぐ家に帰れる…

True Faith

奇妙な感覚がする 何かが僕につかみかかる こんな気分の中を漂っている 突然の自由な感覚そこにはいないからどうでもいい 明日いたとしてもかまわない 何度もやりすぎた 君に大きな代償を払わせた昼なんて永遠にやって来ないはずだった 朝日の陰に光を見てい…

State Of The Nation

歩いてもいいし走ってもいい 重要人物である必要なんてないんだ サマー・クルーズに行ったよ 海の上で 敗北するために生まれた 兄弟は自分は死んだと言った どこにいればいいんだろう 僕らは海で血を流しているそれがこの国の状況 僕らの救済を保留するもの …

Bizarre Love Triangle

君のことを考えるたびに 青い稲妻にまっすぐ撃たれた気分になる 僕の問題ではないけれど 確かに問題はそこにある それなしでは生きていけない人生だけど僕に言っても無駄だよ 愚か者の知恵では君は自由になれない でも結局こんなふうにしかならないし それは…

Shellshock

続けろ まだまだ足りない 心臓が鼓動を止めるにはまだ足りない 深く入ればそれだけ痛みは心地よい 心臓の鼓動が止まるまでゲームを投げ出すな君は僕に電話をかけて そして孤独にさせた 君が与えるのはシェルショックだけ また一日が過ぎ去って 僕は泣くばか…

Subculture

公園を歩くのが好きだ 夜も更けた頃に 暗闇を歩きまわる そして日が昇る頃に去る 昼間はじっと座っていて 身体は鎖でしっかりつながれている こんなクレイジーな表現 間違いだけど 正しいのかもしれないこれが何になるというんだろう 挑戦するたびに失敗する…

Thieves Like Us

長い間君の顔を見ていた いつも同じ顔だ そのひび割れやしわもよく知っている 君はいつも強がっていたけど 今は土砂降りの雨に差す影のような人生を送っている愛というもの そう、それが愛というもの 愛というもの 僕らのもの すぐに死に絶えて ゆっくりと育…

The Perfect Kiss

何も考えられずにぼんやり立っていて 天気について深く考えていたら 友人のひとりがやってきて いっしょに出かけないかと誘ってきた 最初からわかっていた この友人はバラバラになってしまう 彼の銃を見て見ぬふりしながら 僕はこう言った「外へ出て楽しもう…

Confusion

君が大切な人だと伝えても君は信じようとしない 見えないものを見せようとしても君は信じようとしない君は感情から逃げ さらに探し求めて 分かち合い 願い 長い間触れられもせず 僕らの人生は過去のやりかたから今も変わりつつある 君が知るべきことは何か教…

Blue Monday

そんなふうに僕を試してどんな気持ちがする? 僕に手を置いて自分が何者であるかを語ったときに 誤解されているような気がした 君の言葉を聞いた気がした 僕はどういう心地でいるんだろうか僕より前にやってきた人たちは 使命にかられて生きていた 過去から…

Temptation

天国 ゲートウェイ 希望 心に秘めた感情のように ジョークじゃない こんなふうに君を扱うことで僕は傷つくけれど 聞いたこともない 口にするには辛すぎる言葉で裏切られ上がって 下がって ぐるりと回って どうか地面には叩きつけないで 今夜はひとりで歩きた…

Everything's Gone Green

助けて、誰か助けて 私はどこにいるのだろう 目の前に未来が見える そうできるのなら私は君を傷つけるだろう前からここにいたような気がする献身から湧き起こる混乱 視界を覆う暈(ヘイロー) 最初のすれ違いから突然始まった 誰ひとり軽蔑などしたことがな…

Procession

終わりなく 君の顔を見ていた だけど君が残していったはずのものが 何ひとつ見つからない確かにある問題が 君の人生に大きく横たわっている 景色の見えない世界を見せようとすると 白と黒だけに変わってしまう夜は冷たく 切実に背を向けたくもなるだろう 高…