Procol Harum

A Whiter Shade Of Pale

僕たちは軽くファンダンゴを踊り フロアを横切るように側転をした 僕は船酔いしたような気がしたけど 周りはもっと踊れよとけしかけた 部屋は騒々しく 天井が吹っ飛びそうなほどだった 酒をもう一杯注文すると ウェイターがトレイを持ってきたその後で 粉屋…