The Smiths

Bigmouth Strikes Again

いとしい人よ あれはただの冗談だったのに 君のすべての歯を粉々にしてみたいなんて言ったのはいとしい人よ あれはただの冗談だったのに 君はベッドで殴られてしかるべきだなんて言ったのは今ならジャンヌ・ダルクの気持ちがわかる 彼女のローマ鼻まで炎が燃…

The Boy With The Thorn In His Side

心に茨を持つ少年 憎しみの裏側には 愛への殺人的な渇望 どうしたら僕の目を見てくれる? まだ僕が信じられない? どうしたら僕の言葉を聞いてくれる? まだ僕が信じられない? 今でも信じられないのだと言うのなら いつになったら信じてくれるのだろう心に…

That Joke Isn't Funny Anymore

道路の脇に車を停めて 君は知るべきだ 時の流れは君の首を少しずつ締めていく 僕もそうなるだろう 孤独に苛まれている人々を君が笑うとき 彼らの唯一の欲望は死ぬこと ああ 恐ろしい 笑えない話だ 笑えればいいのだが もうあのジョークでは笑えない 君が思う…

Shakespeare's Sister

若木の骨は軋んだ音を立て 眼下の岩は言う 「さあ、そのやせこけた身体を投げ出しなさい」だけど私は愛する人に会いに行くの 目の前に立ち塞がないで 愛する人に会いに行くの いやだ ママ 行かせてよ若木の骨は軋んだ音を立て 眼下の岩は言う 「青白い身体を…

William, It Was Really Nothing

退屈な町に激しい雨が降る この町は君を堕落させる 誰もがみなそれぞれの人生を生きなければならない 僕が自らの人生を歩むべきかは神様だけが知っているウィリアム 本当に何でもないことだったんだよ 君の人生なんてどうしてそんな太った女と付き合っている…

How Soon Is Now?

僕は犯罪的に低俗な陰気さの 血を受け継いだ子供なんだ 僕には特筆すべきことなど何もない黙れよ 僕のやり方が間違ってるだなんてよくも言えたものだな 僕は人間なんだ 愛されたいんだ 他のみんながそうであるように行きたければクラブもある 君を本当に愛し…

Heaven Knows I'm Miserable Now

酔って朦朧な時は幸せだった だけど天国は惨めな僕を知っている 仕事を探していた 仕事は見つかった そして天国は惨めな僕を知っている人生の価値ある時間をなぜ捧げるんだ 僕が生きているか死んでいるかなんてどうでもいい人たちのために指を絡めた恋人たち…

What Difference Does It Make?

男はみな秘密を隠している 僕の秘密はこれだ さあ白日の下に晒そう 僕らは地獄も絶頂も味わってきたから 君を頼ってもいいと思ったんだ だけど君は後ずさりを始める 重い言葉はあまりにも軽く投げかけられる それでも僕は君めがけて飛んでくる弾丸の前に飛び…

This Charming Man

パンクした自転車 誰もいない丘の中腹で 自然は僕を成長させようというのか そこへ素敵な車に乗って現れた この素敵な男なぜ人生の複雑さに悩むんだ? 革張りの助手席は こんなに滑らかな肌触りだというのに今夜は遊びに行きたい だけど着る服が何もない 男…

Hand In Glove

互いに結託して 太陽は僕らにだけ影を与える それは他のどんな愛とも似ていない 違う それは僕らのものだから僕らはどこへでも行ける そしてすべては君が どれだけ僕のそばにいるかにかかっているもしもみんなが僕らを見て じろじろ見たとして そんなことは…

There Is A Light That Never Goes Out

今夜 連れていってよ 音楽がかかっていて人がいて みんな若くて活気に満ちたところへ 君の車に乗っていると 家には絶対帰りたくないって思えてくる 帰る家なんてないんだから 今はもう今夜 連れていってよ 人の姿が見てみたいんだ 彼らの生活が見てみたい 君…