There Is A Light That Never Goes Out

今夜 連れていってよ
音楽がかかっていて人がいて
みんな若くて活気に満ちたところへ
君の車に乗っていると
家には絶対帰りたくないって思えてくる
帰る家なんてないんだから
今はもう

今夜 連れていってよ
人の姿が見てみたいんだ
彼らの生活が見てみたい
君の車に乗って
ああ 家には降ろさないでくれ
あれは僕の家じゃない
彼らの家だ
僕はもう歓迎されていない

もしも二階建てのバスが
僕らに突っ込んできたとしたら
君のそばで死ねるなんて
天にも昇る心地だろう
もしも十トントラックが
僕たちふたりを殺してくれたら
君のそばで死ねるなんて
それは僕だけに与えられた幸せなんだ

今夜 連れていってよ
どこへでもかまわない
暗い地下道で
神よ とうとうチャンスが訪れた と思った
(そして奇妙な恐怖に苛まれ)
(僕は口も利けなくなった)

今夜 連れていってよ
どこへでもかまわない
君の車に乗っていると
家には絶対帰りたくないって思えてくる
帰る家なんてないんだから
そんな場所はないんだ

二度と消えない光がある