Mayor of Simpleton

大学の近くを通ったこともないし
論文も書いたこともないし学位だってない
君の友達の中には僕を馬鹿にするのもいるけど
それは僕の気にするところじゃない

太陽の重さの伝え方も知らないし
数学のことなんて何も知りたくない
僕はシンプルトン市長なのかもね
だけどこれだけは知ってる 君が大好き

論理が冷えきってすべての思考が尽きたときは
シンプルトン市長の腕の中で温まればいい

脳味噌が配られたときも僕がそこにいたわけがない
(シンプルトン市長にご起立を)
君の深遠な書物も表紙だけが通り過ぎてゆくだけ
(シンプルトン市長にご起立を)
君が僕と話しているのをちょっと見ただけで
君の友達の中には実に不健全だと思うのもいる

大ヒットソングの作りかたも知らないし
あらゆるクロスワード・パズルは避けて通りたい
僕はシンプルトン市長なのかもね
だけどこれだけは知ってる 君が大好き

あまり勉強しなかった事実を誇りに思ってるわけじゃない
言うべきだと感じただけさ
君が見たすべてがありのまま 演技なんてできないよ
それには頭脳が必要なんだし

謎解きもテストの問題も駄洒落も解けないし
パソコンからも逃げたくなる
僕はシンプルトン市長なのかもね
だけどこれだけは知ってる 君が大好き

もしも感情の深さが貨幣になるとしたら
(シンプルトン市長にご起立を)
僕は金のなる木を育てた男になるだろう
(チェーン展開はもちろん会社一つだって無理だよ)
君の友達は頭がよすぎてわからないかもね
どうして貧乏人は貧乏人のままなのか

何パウンド集めれば1トンになるのかもわからないし
受賞したことないノーベル賞のこともわからない
僕はシンプルトン市長なのかもね
だけどこれだけは知ってる 君が大好き

論理が冷えきってすべての思考が尽きたときは
シンプルトン市長の腕の中で温まればいい