Nightswimming

ナイトスイミングは静かな夜にこそふさわしい
ダッシュボードには数年前に撮った写真
反転してフロントガラスに映し出し
街灯を過ぎるたび裏返しに照らし出す
今もなおいっそう鮮やかに
水際にシャツを忘れてしまった
今夜の月は低い

ナイトスイミングは静かな夜にこそふさわしい
あの頃の人々が皆そう考えているかはどうだろう
数年前とは違う
無謀さと水に飲み込まれそうな恐怖
裸で泳いでも気づかれない
そんなものはどこかへ消えてしまい
毎日に置き換えられてしまう

ナイトスイミング、あの夜を思い出そうとする
九月はもうすぐ
月が恋しい
もしも月がふたつあって
軌道上に並んだまま
燦然と光る太陽の周りを回っているとしたら?
あの永遠に輝くタイトなドラムでは
ナイトスイミングを表現できそうにない

君のことはわかっていると思っていた
君も僕も何もわかってはいなかった
君はわかっていると思っていた
息をひそめて静かに笑っている人間のことを
ナイトスイミング

写真が映し出すもの
通り過ぎる街灯が思い出させるもの
ナイトスイミングは静かな夜にこそふさわしい
静かな夜にこそふさわしい