Nightswimming/R.E.M.

ナイトスイミングは静かな夜にこそふさわしい
ダッシュボードには数年前に撮った写真
逆さになってフロントガラスに映し出される
いくつもの街灯が逆さまに照らし出す
写真は今もなおいっそう鮮やかに
水際にシャツを忘れてきてしまった
今夜の月は低い

ナイトスイミングは静かな夜にこそふさわしい
彼らがみんなわかっているかは知らないけれど
数年前とは違う
無鉄砲と水に飲み込まれそうな恐怖
僕が裸でも気づきやしないさ
そんなものはどこかへ消えてなくなり
やがて毎日に置き換えられてしまう

ナイトスイミング、あの夜を思い出そうとする
九月はもうすぐ
月が恋しいよ
そしてもし月がふたつあって
軌道上に並んだまま
輝ける太陽の周りを回っているとしたらどうだろう?
あのいつまでも明るくてタイトなドラムでは
ナイトスイミングを表現できそうもない

君のことは、君のことは知ってると思ってた
君が、僕には君がわからない
君は、君は僕のことを知ってると思ってた
呼吸の影で静かに笑っているこの人間のことを
ナイトスイミング

写真が映し出すもの
いくつもの街灯が合図となり
ナイトスイミングは静かな夜にこそふさわしい
静かな夜にこそふさわしい

広告を非表示にする