Subculture/New Order

公園を歩くのが好きだ
夜遅く
暗闇を歩きまわる
そして空が白む頃に去る
昼間は何もしないで
鎖でしっかりつながれている
こんな狂った言葉が
的を射ているかもしれないなんて

何を得ようとしているのだろう
試みようとしては失敗する
やがて君は家路につき
自分が孤独であることにすら気づかない
そのうち君もひとり腰かけ
他の誰ともつながることなどできないと知るだろう
そして最後に受け入れる
君は少しだけ傷つく

眠りながら話をするのが好きだ
誰もが必死に働いている
みんな選び続けなければならない
それは傷跡を残すような選択
景色の見えない部屋
真実はすぐに現れる
太陽が昇れば
見つけたものもまた失ってしまう

何を得ようとしているのだろう
試みようとしては失敗する
やがて君は家路につき
自分が孤独であることにすら気づかない
そのうち君もひとり腰かけ
他の誰ともつながることなどできないと知るだろう
そして最後に受け入れる
君は少しだけ傷つく

広告を非表示にする