Bizarre Love Triangle

君のことを考えるたびに
青い稲妻にまっすぐ撃たれた気分になる
僕の問題ではないけれど
確かに問題はそこにある
それなしでは生きていけない人生

だけど僕に言っても無駄だよ
愚か者の知恵では君は自由になれない
でも結局こんなふうにしかならないし
それは誰にもわからないこと
毎日 混乱の度合いは増していく

君が落ちてゆくのを目にするたびに
僕はひざまずいて祈りはじめる
最後の瞬間を待っている
僕が言えない言葉を君は言う

気分はいい
こんな気分になるべきじゃない気もする
そんなときはいつも
なんて言えばいいのかわからない
どうして僕らは昨日のままでいられないんだろう

これが何を意味するのかはっきりしない
君が見た目どおりの人間だとは思わない
確かに認めなきゃいけない
もし他の誰かを傷つけたときは
僕らはこのままではいられないだろう