1963/New Order

それは1963年1月のこと
ジョニーが贈り物を持って家にやってきた
彼は言った「君を愛しているから買ってきたんだ」
「それに誕生日だったしね」
とても素敵で優しい人だった
そのときまではそう思ってた
私は彼を想っていたし彼もまた私を想っていた

彼は目を閉じるように言った
贈り物にきっとすごく驚くと思うよ
その目に涙が見えた
私を傷つけるつもりなんて決してなかった

ねえ ジョニー その銃で私を撃たないで
私たちの生き方はだいぶ変わってしまった
けれどどうかそんなことはしないでほしい
ジョニー その銃で私を撃たないで
どうにかして私はやっていけるのかな
お願いだから話を聞いて

ジョニーは命を奪ったことを恥じてはいたけれど
別の奥さんを連れて家にやってきた
そしてあの頃のことをよく思い出していた
1963年の特別な出来事が起こる前のこと
誰かを殺す方法はたくさんあった
恋が終わるときのラヴ・アフェアーのように
彼は彼女を想っていたし彼女もまた彼を想っていた

彼は目を閉じるように言った
贈り物にきっとすごく驚くと思うよ
彼の瞳に憎しみがみてとれた
私を傷つけるつもりなんて決してなかった

ねえ ジョニー その銃で私を撃たないで
私たちの生き方はだいぶ変わってしまった
けれどどうかそんなことはしないでほしい
ジョニー あなたは私を利用しつづけている
どうにかして私はやっていけるのかな
お願いだから話を聞いて

あなたを私のものにしたいだけ
この世界が輝かなくてもいい
ふたりの関係を終わらせたくない
ねえ ジョニー 私がいなくてさびしくないの?
私は自由になりたいだけ
これからずっと自由でいられる

広告を非表示にする