Love Vigilantes

たった今 太陽の島から帰ってきた
真実の名のもとに 勝たねばならぬ戦争から
たいそう勇敢な我が軍によって
君たちの自由は守られるのだ
ライフル銃と手榴弾
いくらかの神の助けによって

家族に会いたい
私の帰りを待つ妻と子供のもとへ
もうすぐ家に帰れるぞ
とても寂しかったんだ

私が得た喜びなど
君には理解できないだろう
やっと休暇をもらって
家に帰ってきたんだ
空を越えて
確信は欺かない
国のために死ぬ危険もあったけれど
もうすぐ家に帰れるんだ

ドアを開けて入っていくと
妻は床に横たわっていた
流れる涙が痛々しかった
なぜだかわからなかった
ふと彼女の手を見ると
電報が握りしめられていた
私はたいそう勇敢な男であったが
死んでしまったと書かれていた