Life During Wartime

武器を積んだバンの音がした
積み込みは終わり出発の時を待っている
ハイウェイのそばに墓場があるのを聞いた
誰も知らない場所
遠くで聞こえる発砲音
今はいくらか慣れてきた
ブラウンストーンにも住んだ ゲットーにも住んだ
この町のあらゆる場所で暮らしてきた

これはパーティーじゃない これはディスコじゃない
ぶらついているわけじゃない
踊っている時間も いちゃついている時間もない
今はそんな場合じゃない

受信機にメッセージを送る
いつか届く返事を待つ
パスポートを三つ ビザを二つ手に入れた
君は私の本名すら知らない
丘高くでトラックが荷を積み込む
すべての用意は整った
昼間は眠り 夜に働く
家に帰ったことはないかもしれない

これはパーティーじゃない これはディスコじゃない
ぶらついているわけじゃない
マッド・クラブじゃなければCBGBでもない
今はそんな場合じゃない
ヒューストンについては聞いたか? デトロイトについては聞いたか?
ピッツバーグは? ペンシルベニアは?
窓際に立たないことは覚えておくように
誰かが見上げているかもしれない
食料品とピーナッツ・バターは手に入れた
数日間は生き延びられる
だけどスピーカーがない
ヘッドフォンもない かけるレコードもない

なぜ大学に行く? なぜ夜間学校に行く?
今はそんな時代じゃない
手紙が書けない ポストカードが送れない
何も文字が書けない
これはパーティーじゃない これはディスコじゃない
ぶらついているわけじゃない
君にキスしてみたい 恋してみたい 抱きしめたい
でも今はそんな場合じゃないんだ

輸送に苦戦しながらも なんとか道路封鎖を突破し
我々は人混みに紛れ込んだ
コンピューターを手に入れて 電話回線を傍受している
許されたことではない
学生に変装し 主婦に変装し
あるいはスーツとネクタイを身につける
髪型も変えた 何度も変えた
自分の正体がわからない!
君の姿に僕は震え やさしい気持ちになれる
僕らなかなか素敵な仲間じゃないか
疲れるといけない 僕が運転しよう
君はしばらく眠るといい
君の命令に従おう
それから君は住所を変えたほうがいい
明日か その次の日か
都合のいい日にでも
ノートはすべて燃やした ノートのどこがいい?
サバイバルの役には立たない
胸が痛む 溶鉱炉のように燃えている
その炎で僕は生き長らえている
健康でありつづけたい フィジカル・フィットネス
病気にはなりたくない
注意しろ チャンスを逃すな
言葉には気をつけろ