World

太陽に横顔を見せる
誰にも思考を悟られたくない
それはジャングルみたいで 私は異常者で
話を聞いてほしい だけど絶対話しかけないでほしい

時の流れから身を引いていく
なぜなら崩壊は罪なのだから
とっくに遅すぎたのかもしれない
だけどこの憎しみへの情熱は消え失せた

これが愛の価値
あなたにわかるだろうか
もしも愛を買ったとして
それはいつまで続くのだろうか

そしてこの建物が火事で燃えても
炎はこれ以上高くは昇らない
太陽に横顔を見せて
一瞬にして消えてなくなってしまう