The Sound Of Silence

暗闇よこんにちは 僕の古い友達
また君と話をしに来たよ
幻が静かに忍び寄り
僕が眠っている間に種を残していったから
そして頭の中に植えつけられた幻は
今もそのまま
静寂の音とともに

めくるめく夢の中をひとり歩いた
石畳の狭い通り
街灯の光の輪に照らされながら
湿り気を帯びた寒さに僕は襟を立てた
そこへ目を突き刺すようなネオンライト
閃光は夜を引き裂いて
静寂の音に触れた

光の中で見たものは
一万か それより多くの人々の姿
彼らは声を出さずに話をし
耳をふさいで何かを聴き
声の響かない歌を作っていた
誰ひとりとして
静寂の音を打ち破ろうとはしなかった

「馬鹿め」僕は言った「お前たちは知らないんだ」
「静寂は癌のように成長する」
「僕の言うことを聞け」
「僕が伸ばす手を握れ」
しかしその言葉は静かな雨粒のように落ちて
沈黙の井戸の中で木霊するだけだった

そして人々は頭を下げて
自ら創り出したネオンの神に祈った
すると光は警告を発した
浮かび上がる文字
預言者の言葉は」
「地下鉄の壁に刻まれている」
「テネメントの廊下にも」
光は静寂の音に紛れてかすかに聞こえたのだった