Alison

久しぶりに君に会うのも変な感じがするし
その様子だと君は何とも思っていないようだ
だけど聞いたところによると
僕の友人にパーティードレスを脱がせたらしいね

他の未練がましい男たちみたいに
そんなセンチメンタルな気分にはならないよ
だって君が誰かを好きかなんて知らないし
その誰かが僕ではないことだけは確かなんだから

アリソン 世界は君を殺そうとしている
アリソン 僕は狙いを外さない

そうか 君にはもう夫がいるんだ
彼はウェディングケーキにそのかわいい指を切り落とさなかった?
かつて彼は君の手のひらの上だったけれど
我慢に我慢を重ねていたに違いない

君がくだらない話をしていると
ときどき そのおしゃべりをやめさせたくなる
誰かあの一面を照らすライトを消してくれないか
今の君を見るのはもう限界だから