This Charming Man

パンクした自転車
誰もいない丘の中腹で
自然は僕を成長させようというのか

そこへ素敵な車に乗って現れた
この素敵な男

なぜ人生の複雑さに悩むんだ?
革張りの助手席は
こんなに滑らかな肌触りだというのに

今夜は遊びに行きたい
だけど着る服が何もない
男は言った「ぞっとするよ」
「こんな美少年がそんなことを気にするなんて」

ああ! 身の程知らずの
調子に乗ったパントリー働きの少年よ
男は言った「指輪を返せ」
男はそういうことはよく知っているのだ