William, It Was Really Nothing/The Smiths

退屈な町に激しい雨が降る
この町は君を堕落させる
誰もがみなそれぞれの人生を生きなければならない
僕が僕の人生を生きなければならないのかはわからない
ウィリアム、本当に何でもなかったんだ
それは君の人生のことさ……

どうしてこんなことを言いそうなデブ女といっしょにいるんだい
「結婚してくれる?」
「指輪を買ってくれたらうれしいわ」
彼女は何の興味もない
僕は誰の夢も見ない……僕以外の誰の夢も!
ウィリアム、本当に何でもなかったんだ

広告を非表示にする