William, It Was Really Nothing

退屈な町に激しい雨が降る
この町は君を堕落させる
誰もがみなそれぞれの人生を生きなければならない
僕が自らの人生を歩むべきかは神様だけが知っている

ウィリアム 本当に何でもないことだったんだよ
君の人生なんて

どうしてそんな太った女と付き合っているんだ
「結婚してくれる?」
「できれば指輪も欲しいな」
彼女は何も気づかない
僕は誰にも夢みたりしない 自分以外の誰も!

ウィリアム 本当に何でもないことだったんだよ