Virtual Insanity

僕らが住む世界を語らせて
人間があらゆる物を食べてしまう不思議な場所
小さくあるべきものが大きくなってしまって
誰がどんな魔法の呪文をかけているんだろう
そして僕はすべての愛をこの世界に捧げている
言われたときだけ
見ることもできず 呼吸もできず
もはやどうしようもできないよ
何物も僕らの生き方を変えはしない
僕らはいつだって奪うばかりで与えはしないから
今や物事はますます悪い方向に変わっていってるし
見ろよ これが僕らが暮らす狂った世界
どうして罪に染まった僕らの半分に
ひたすら与えなければならないんだ

この仮想狂気で形作られた未来
常に僕らの愛で支配されてるみたい
無意味で 歪んだ 新しいテクノロジー
今 この地下世界には何も聞こえない

そして僕はこの世界のめちゃくちゃさに考えを巡らす
どこから始めたらいいのかもらわからず
地上の人間が作ったネクタイを捨てられたらね
今やすべての母親は子供の色を選べる
自然の摂理ではないけれど
彼らが昨日言っていたこと
祈るしかもう方法はない
新しい宗教を見つける時なのだろうか
狂ってるよ
まったく別の種族を合成するだなんて
そこに何があるというんだ
僕らが教わる未来というのは

地下世界に暮らす限り音は聞こえない
これが仮想狂気
バーチャル・リアリティーは忘れるんだ
そんなに悪いものでもないさ

僕らがいるこの仮想狂気
変えなきゃ
あらゆる物事はその姿を保たない
どうしようもない
こんな仮想狂気で暮らすだなんて
こんな世界は変えていかなければ
ただ放っておけないだけなんだけれど
こんな仮想狂気には……