読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Norwegian Wood (This Bird Has Flown)/The Bealtes

前につきあっている女の子がいた
あるいは彼女が僕とつきあっていたと言うべきか
彼女は僕を部屋に招いた
いいじゃないか ノルウェーの木

泊まっていってと彼女は言った
どこでも座ってと言われた僕は
部屋を見回したが
そこには椅子がなかった

絨毯の上で時間をつぶした
彼女のワインを飲みながら
僕らは二時まで話した
すると彼女「もう寝よう」

彼女は明日は朝から仕事があると言い
そして笑い出した
僕は明日は暇だと言い
のそのそと風呂場に向かいそこで寝た

目覚めると僕は独りだった
鳥は飛んでいった
僕は火をつけた
いいじゃないか ノルウェーの木

広告を非表示にする