読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hotel California/Eagles

暗い砂漠のハイウェイ 冷たい風が髪をなでる
辺りに漂うコリタスの温かな香り
遠い先でかすかに揺れる灯り
頭はますます重くなり 視界は薄れゆく
夜を前に泊まる場所を探さなければ

玄関には彼女が立っていた
教会の鐘が聞こえた
僕は自らに問いかけた
「ここは天国? それとも地獄?」
彼女はろうそくを灯し 僕を部屋へと案内した
そして廊下に響く声たち
僕にはこう言っているように聞こえたんだ……

ホテル・カリフォルニアへようこそ」
「なんて素敵な部屋でしょう」
ホテル・カリフォルニアは部屋数豊富」
「年中無休で営業中」

ティファニーにねじ曲げられた彼女の心
メルセデス・ベンツを手に入れて
かわいい男の子たちをたくさん手に入れて 友人を呼んで
中庭で踊る 甘い夏の汗
ある者は思い出すために踊り ある者は忘れるために踊る

そして僕はベル・キャプテンを呼んだ 「ワインをお願いします」
彼は言った 「そのようなスピリットは1969年から置いておりません」
遠くでまだあの声たちが呼びかけている
真夜中に起こされて
聞こえてくる言葉は……

ホテル・カリフォルニアへようこそ」
「なんて素敵な部屋でしょう」
ホテル・カリフォルニアで楽しいひとときを」
「最高の驚きをご提供します」
「アリバイをご持参ください」

天井の鏡 よく冷えたピンク・シャンパ
彼女は言った 「私たちは自らの策略に嵌った囚われの身なのです」
ご主人様の特別室には祝宴のため皆が集まった
鋼鉄のナイフを突き刺しても その獣は殺せやしない

確か最後 僕は玄関に向かって走っていた気がする
前にいた場所につながる通路を探さねばならなかった
「落ち着いて」 ナイト・マネージャーが言った
「我々は歓迎されるように仕組まれているのです」
「いつでもお好きな時にチェックアウトはできますが ここから出ることは二度とできません」

広告を非表示にする