Veronica

これが君の小さなかわいい頭の中にあるすべてなのかい?
あの暗い場所では何が起きているのだろう?
僕にはかつて知りあいだった女の子がいて
名前は確かヴェロニカと言った

彼女は生来くよくよしない性格で
同時に気が利く子でもあった
彼女について近頃心配なのは
自分の名前がヴェロニカなのかさえ曖昧になってしまうこと

両手で目を覆って待っていれば
ヴェロニカは隠れていなくなるとでも思っているのかい?
いつでも彼女は笑って見ている
彼女の名を叫び彼女の服を盗む人間のことを

あの日々は過ぎ去った? 愛情は消え失せた?
彼はずっと町をさまよっていたのだろうか
ドアに立つ狼がヴェロニカに手を伸ばせば
君も夢から目覚めるのかな

すべては65年前
彼女が暮らす街の通りが世界のすべてだった頃
ひとりの若者が海で船を漕いでいた
ヴェロニカの写真を手に

「インドの女帝」の名の下に
彼女は世界を目の前にその瞳を閉じて
先週のニュースの亡骸を拾い
もう一度彼の名前を叫んだ

ヴェロニカはお気に入りの椅子に腰かけ
音も立てずにじっとしている
彼女を呼ぶ名前は決して正解にたどり着けない
誰もその名前を呼ぶことができない

彼女は生来くよくよしない性格で
小悪魔みたいな目をして言った
「私のことはみんな好きなように呼べばいいわ」
「でも私の名前はヴェロニカなの」