Hurricane/Bob Dylan

拳銃の発砲音が酒場の夜に響く
上の階からパティ・ヴァレンタインが降りてくる
血の海のバーテンダーを見て
泣き叫ぶ「みんな殺されたわ!」
こうしてハリケーンの物語は始まる
当局が罪を負わせた男
してもいない罪を負わせた男
独房に入ったが かつては
世界チャンピオンだったかもしれない男

パティが見たのは横たわる三人の死体
そして辺りを不審にうろつくベローという名の男
「俺じゃない」彼はそう言って両手を挙げた
「俺はただレジの金を盗もうとしただけだ、わかるだろ?」
「やつらが出ていくのを見たよ」一呼吸置いて彼は言い足した
「誰か警察を呼べよ」
そしてパティが警察を呼んだ
赤色灯を点滅させながら警察は現れた
暑いニュージャージーの夜だった

一方 町から遠く離れた場所では
ルービン・カーターが友人とドライブをしていた
ミドル級のランキング一位挑戦者
どんな災難が降りかかるかも知らず
警察に道路の端に車を停めさせられた
この前もその前もそうだったように
パターソンの町ではよくあることだった
黒人は通りに姿を現すべきではなかった
警察に見つかりたくなければ

ルフレッド・ベローには仲間がいて彼は警察に逮捕されていた
ベローとアーサー・デクスター・ブラッドリーは盗みをしようとうろついていた
ベローは言った「二人の男が走って出ていったのを見たけどあいつら”ミドルウエイト”だったな」
「他の州のナンバープレートの白い車に飛び乗ってたぜ」
ミス・パティ・ヴァレンタインもうなずいた
警察は言った「ちょっと待て、おい、ひとり生きてるぞ」
警察は彼を病院に運んだ
彼の目はほとんどよく物が見えなかったが
警察は彼に犯人が誰だかわかるはずだと言った

朝方四時 警察はルービンを引っ張りあげて
病院へ連れこみ病室への階段を昇らせた
負傷した男は死にかけた片目で見上げて
「誰だよこいつは? こいつじゃねえよ!」
そう これがハリケーンの物語
当局が罪を負わせた男
してもいない罪を負わせた男
独房に入ったが かつては
世界チャンピオンだったかもしれない男

四ヶ月が過ぎ ゲットーは燃え上がり
ルービンは南部で彼の名のために戦っていた
一方アーサー・デクスター・ブラッドリーは未だ盗みを続けていた
警察は彼に圧力をかける 罪を負わせる誰かを探すために
「バーで起きたあの殺しを覚えてるだろ?」
「逃げる車を見たってお前言ったよな?」
「法律と仲良くしたいだろ?」
「お前があの夜走って逃げるのを見たのはあのファイターだったんだよな?」
「白人であることを忘れるな」

アーサー・デクスター・ブラッドリーは言った「マジで知らねえんだけど」
警察は言った「お前みたいな貧乏者にもチャンスをやろう」
「モーテルの仕事もやるしベローにも話をしてやる」
「刑務所に戻りたくはないだろ、だったらいい子にしてろ」
「社会に尽くせ」
「あの糞野郎ますます調子に乗りやがってる」
「ケツの穴を引っかき回してやりたい」
「三人の殺人犯に仕立てあげたい」
「あいつはジェントルマン・ジムなんかじゃねえ」

ルービンは一発のパンチで相手を倒せる
けれど彼はあまりそんなことは話したくなかった
仕事だから、と彼は言う 金のためなんだ
これが終わったらすぐにでも帰りたい
楽園みたいなところで
トラウトが泳ぐ小川があって空は綺麗で
馬に乗って道を行くんだ
しかし奴らが彼を牢獄に送りこむ
人間をネズミに変えるような場所

ルービンの手札にはすべて事前に細工が施されていた
裁判は豚のサーカス 彼にチャンスはなかった
裁判官はスラムの泥酔者をルービンの目撃者に変えた
白人にとって彼は革命気取りの乞食で
黒人にとって彼はただの狂ったニガーで
誰も彼が引き金を引いたことを疑わなかった
証拠の銃は提出されなかったにもかかわらず
地方検察は彼を殺人犯だと言い
すべての白人陪審員は賛成した

ルービン・カーターは誤った判決を受けた
殺人罪は「第一級」誰が証言したと思う?
ベローとブラッドリーで彼らは露骨に嘘をついた
新聞はみなその嘘にのせられた
ルービンのような男の命が
こんなバカの手のひらにのせられていいのか?
明らかに濡れ衣の彼を見ると
こんな国で生きているのが恥ずかしくて仕方がない
正義がゲームであるこの国

今もスーツとネクタイの犯罪者たちは
気ままにマティーニを飲んで朝日を拝む
そしてルービンは十フィートの独房でブッダのように座る
生きる地獄の無実の男
これがハリケーンの物語
奴らが彼の罪を晴らし
失った時間を償うまでは物語は終わらない
独房に入ったが かつては
世界チャンピオンだったかもしれない男

広告を非表示にする