Leaving New York

今は静かに
全部
始まっていく

思い出すのは
キラキラした夜
まだ眠らないよ

前を向けば
確かに君がいた

君に言う必要も
ないと思うけど
比べられないよ

毎日が新鮮で
欲しかったものが
手に入る

だけどさみしさで
やりきれなくなる
いつどこにいても

消えなかったものは全部
今もこの目に映して
ネックレスの影が
君の太ももに差して
夢の中で暮らしていたかもしれないけれど
これは現実だって誓うよ
記憶は溶けてガラスのように粉々になって
気まぐれな未来 過去は忘れて
それが君なんだ それが私の気持ちなんだ

言えば君は笑ったかもしれない
こっそり難しい顔をしたかもしれない
私を変えることができたかもしれない
振り返ったかもしれない

後に残されるより先に離れたい
本当はそんなことしたくないのに
ニューヨークを離れるのは簡単なことじゃない
光が小さくなっていく

君は君の心に見つける 私が引き裂かれていく
君は君の心に見つける 変わろう……

君に言った ずっと
愛してるって ずっと