読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Like A Rolling Stone/Bob Dylan

昔々、君はとても綺麗に着飾っていた
乞食に小銭を放ってやったりもしていたね
人々は言った「気をつけろ、すぐに落ちるぞ」
みんな冗談だと思っていただろう
いつか君は嘲笑っていたね
ぶらついているやつらを
今や君は大声で話もせずに
今や君は自慢気にもせずに
次の食事を漁らなければならない

どんな気持ちがする?
どんな気持ちがする?
家もなく
まったく知られることもなく
転がる石のようになって

一流の学校に通っていたそうだね ミス・ロンリー?
だけど君はただ搾り取られていただけだったんだ
そして誰も路上生活の方法なんて教えてはくれなかった
今や君はそんな生活に慣れなければならない
絶対に妥協しないと言っていたね
浮浪者に向かって、でも君は気づいた
彼はアリバイなんて売ってはくれない
そのうつろな瞳を覗いて
取引してくれるか聞いてみればいい

どんな気持ちがする?
どんな気持ちがする?
ひとりぼっちで
帰る家もなく
まったく知られることもなく
転がる石のようになって

君がジャグラーや道化師のしかめ面を振り返って見ようともしない間
彼らは君の元へやってきて君を欺こうとした
君は気づきもしなかった
こんな状況で他人に叩かれるようなことをすべきでないと
外交官といっしょにクロムメッキの馬に乗っていたね
彼の肩にはシャム猫
気づいたときは辛かったと思うよ
彼がいなくなったとき
彼は君から盗めるものはすべて奪っていったのだから

どんな気持ちがする?
どんな気持ちがする?
ひとりぼっちで
帰る家もなく
まったく知られることもなく
転がる石のようになって

尖塔にはお姫様 そしてその他大勢の人々
酒を飲んでうまくやったと考えている
貴重な贈り物なんかを交換して
でも君のダイヤモンド・リングは質に入れなければ
おもしろがっていたね
ナポレオンとその言葉を
行けよ 彼が呼んでる 拒めないよ
君には何もない 失うものなど何もない
君は誰にも見えない 隠す秘密すらない

どんな気持ちがする?
どんな気持ちがする?
ひとりぼっちで
帰る家もなく
まったく知られることもなく
転がる石のようになって

広告を非表示にする