読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Red Shoes Story/Flipper's Guitar

学校からの帰り道
ショーケースの中に彼女を見つけた
夏の夕暮れ 風は涼しく
そのたおやかさに僕は惹かれた

ティーカップに誓ったんだ
母さんが音を上げるまでは何も食べないってね
僕のレッド・シューズのために

そして僕は赤い靴を勝ち取った
いろんなところを歩いてみたよ
クリスマスにはたいまつを掲げて
メイフェアでは青い帽子を

動物園で大きなカンガルーが立ち止まってクーと言った
ブルーズは嫌い 居眠りが好き 負けないよ
僕のレッド・シューズのために

だけどよくある話で
チューインガムとかいろいろ
そして雨の日のぬかるんだ海岸
ごめんよ 気にもかけずに
他の靴がいいな なんて思って
ああ! 気まぐれな少年よ
ある日彼女は立ち去った
僕のショーケースから

数年が過ぎて僕は今
リムジン・シートでおだやかに
ダークブラウンのスーツを着て
小綺麗にサングラスなんかかけて

だけど時々ペルノーを飲みながら
雪の上を駆けまわったころを思い出す
あの赤い靴で

広告を非表示にする