The House Of The Rising Sun

ニューオーリンズ
ライジング・サンと呼ばれる家がある
そこでは哀れな若い男たちが身を滅ぼしてきた
そして僕も そのひとりだ

母は仕立屋だった
新しいブルー・ジーンズも作ってくれた
父はニューオーリンズのギャンブラーだった

ギャンブラーには
スーツケースだけあればいい
満足できるのは
酔いつぶれたときだけだ

母さん、子どもたちに伝えてくれ
僕のような生き方はするなと
罪深く惨めな人生を
ライジング・サンで過ごさぬよう

プラットホームに片足を残して
もう片足を列車に乗せた
これからニューオーリンズに戻る
重い足枷をはめるために

ニューオーリンズ
ライジング・サンと呼ばれる家がある
そこでは哀れな若い男たちが身を滅ぼしてきた
そして僕も そのひとりだ