Living For The City/Stevie Wonder

暗い時代のミシシッピにひとりの男の子が生まれた
何もなくただ汚い家で
両親は深い愛情を捧げた
彼が常に正しい道を歩き続けられるように
どうにか街で生きていけるように

父親は14時間も働く日もあるが
わずかな金しか手に入らない
母親は床磨きの仕事をするが
さらに少ない金が与えられるだけ
それでも生きていかなくては

姉の肌は黒いがとても美人だ
スカートは短いが大根足だ
早起きして歩いて登校しなきゃならない
服は古いが決して汚くはない
こうして街で暮らしているんだ

彼は頭がいい
忍耐力もあるがすぐに力尽きるだろう
仕事を見つけるなんて絶望的だ
彼が住むところは有色人種は雇わない
それでもどうにか生きている

髪は伸びて足元には砂が入り込んで
ニューヨークの街をさまよい続ける
汚れた空気を吸って死にそうだ
選挙では何も変わらない
かろうじてこの街で生きながらえている

僕の内なる叫びが聞こえますように
そしてよりよい明日を目指せるように
ここは残酷な場所だ こんなに冷たい街はない
僕らが変わらなければ 世界はすぐに終わるだろう
やっと生きられるような そんな暮らしはもうなしにしてくれ

広告を非表示にする