Singularity

すぐに冬はやってきた
夏なんて始めからなかったかのように
僕らはステージに立つプレイヤー
役割は与えられた台本通りに
日銭のために働いている
今日を生き延びようとしている
巨大な土の欠片に乗って
宇宙を周り続ける

君が泣いているのが聞こえる
すぐそばにいるような気がする

毎日少しずつ
1インチずつ
すべての愛する人
その唇にキスをするために
二度と戻ってこない
失われた魂のために
ここにいない友のために
僕らは涙を流した

ただ僕は
思い通りの印象を残したい
真実を測る計器
武器をもたない兵士
君を大切に想っている
1000マイルを這って
果てなき砂漠を越えて
すべての地に愛を見つけだす

君が泣いているのが聞こえる
どこにでもいるような気がする

そして君の存在を感じる
それは柔らかな風に運ばれて