読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Superheated/New Order

ときどき目が覚めると
空は灰色
君はここにいない
僕の隣にはいない
棚の上には
君が使っていた化粧品
そして他の誰かの写真
僕は砕け散る
始めから存在していないかのように
確かに僕らは愛しあっていた
キスもしていた
僕が言うべき言葉を
君は聞いてくれるだろうか
ふたりの生活が広がっていた
ある短い一日のように

君がどれだけ求めようと
これが僕の願いなんだ
君は僕を閉じ込めていた
金網に捕まった鳥のように
僕らはあらゆる面で違う
だけど同じくらい似ている
あの日々を思い出す
どうにか変えたいと願っていた日々を

ときどき目が覚めると
地獄の悪魔のように怒り狂っている
見捨てられたような気がして
体がつらく感じる
でも君のせいじゃない
全部違う
僕のせいだ
こんなふうになってしまったのは
ときどき目が覚めると
孤独を感じる
怒りを感じる
君がいなくなったからだ

君は過去を返してって思うだろう
でも僕は泥棒なんかじゃない
君が終わりを告げた
そして去ろうとしていた

だからもう すべては終わったんだ

広告を非表示にする