アイカツ・ライナーノーツ

Aikatsu! Standards

  1. アイドル活動!
    そのタイトルから推測できる通り、まさにアイカツの原点であるとともにアイカツを象徴するナンバー。アイドルの卵たちを鼓舞する熱いメッセージ・ソングとなっており、第1話でスターライト学園に入学した主人公・星宮いちごが初めてステージで歌ったのもこの曲だ。なお余談だが、サザンオールスターズファンとしては歌中に「希望の轍」のフレーズが登場するのが密かにうれしい。

  2. Take Me Higher
    いちごの憧れの存在である神崎美月を中心に結成されたユニット、トライスターによって歌われた曲。女児アニメのイメージとはかけ離れたその曲調に初期のアイカツおじさんもさぞ驚かされたことだろう。なおトライスターに当初加入するもののいちごとあおいが忘れられずについには脱退を決意する紫吹蘭ちゃんが見られる第36〜37話はクッソ泣けるので必見。

  3. ヒラリ/ヒトリ/キラリ
    1期後半エンディング・ソング。同じEDとしてはのちの「チュチュ・バレリーナ」にも共通するが、アイカツ本来の底抜けなポジティブさとは一線を画する「陰」を含んだシリアスさが印象的。第49話の終了間際、あおいはいちごがスターライト学園を離れアメリカに旅立つことをかえでから聞かされる。茫然とするあおい。そして間髪を入れず流れはじめるこの歌。完璧だ。

  4. Wake up my music
    伝説のアイドル・デュオ「マスカレード」のふたりがかつて歌っていたこの曲は、アニメでも一度懐かしの名曲として登場させておきつつ、終盤でいちごが母の正体を知るきっかけとして再度演奏されるなど、1期を語るうえで欠かすことのできない重要な存在として扱われている。起伏の穏やかな曲調が古臭くならない程度にレトロな印象を与えている。

  5. カレンダーガール
    1期前半ED。おそらくアイカツファンに最も人気な曲であり、1期の最終回(一番泣けるシーンで流れる)やシリーズ全体を締めくくる最終回でも使われるなど、アイカツという物語にとっても最重要曲。本来「カレンダーガール」とはピンナップガールと似たやや猥雑な意味を持つ言葉であるが、この曲のタイトルでは見事な意味の「転換」が図られている、と思われる。

  6. ハッピィクレッシェンド
    2期で登場した新たなアイドル学校、ドリームアカデミーを意識して作られた曲。この歌のテーマを一言でいえば「学園讃歌」。「トランジスタ・ラジオ」や「卒業」など窮屈な学校生活を舞台にした歌は数あれど、ここまで素直に母校が大好きと言っている歌はないのでは? アニメではドリアカVer.とスターライトVer.が披露されましたが個人的にはやっぱりドリアカの方が好みです。

  7. Precious
    2期後半ED。史上最強のアイドル神崎美月と夏樹みくるのユニット、WM(ダブルエム)をフィーチャーしたスローバラード。美月さんがこういうテンポで力感込めて歌うとやはりオーラをひしひし感じますね。そしてアイカツの崇高さすら感じるポジティブネスを見事に言い表したワンフレーズ「ありがとうの生まれる光」。神は言った。「光あれ」。こうしてアイカツが生まれた。
広告を非表示にする