Manic Monday

もう6時
まだ私は夢の中で
ヴァレンティノとキスをしていた
水晶みたいに青く輝くイタリアの岸辺
だけど遅刻はできない
遅れたらお金はもらえない
近頃はこんな毎日
願うだけでベッドの用意ができればいいのに

こんな狂騒的な月曜日
日曜日だったらいいのに
私の大好きな日
走らなくてもいい日

朝の電車に飛び乗って
9時までに仕事に行かなくちゃ
自家用ジェットを持ってたとしても
やっぱり時間には間に合わないんだろうな
だって何を着ていくか決めるなんて
すごく時間がかかることだから
電車のせいにしたいけれど
そこには上司も乗っている

夜はいつもそう
どうして彼氏は昨夜も私を遊びに連れ出したの?
ふたりのために私が稼がなきゃいけないことなんて
たいした問題じゃないってこと?
働き口もないというのに
彼がベッドの上でささやく台詞は
おいで 少しだけ起きていよう
楽しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまうもの