I Saw the Light

昨夜 夜も遅い頃
何かが違うような気がした
辺りには誰の気配もなくて
ただ君だけがいた

それから二人で歩いた
何かがおかしい……
強い気持ちが湧き上がった
君のことを考えていた

君に見つめられて
答えがはっきりわかったのは
その目に光が見えたから

それは二人のふざけあいのつもりで
疑うようなことは何もなかったのに
小さなベルが頭の中で鳴り響くまでは

それでも逃げ出そうとしていた
何も意味のないことだと知っていながら
人を好きになれたことなんてないから
自分でそう言い聞かせてきたから

だけど君に対する感情となると
わからないことばかりだった
その目に光を見つけるまでは

君を一番愛してる
冗談なんかじゃとても言えない
君はこの目に映る他の誰とも違っていたから

前なら逃げ出していたけど
もうそんなことはしない
私の目に輝く光が君にも見えるはず……